« 冬なのに指の股が・・・ | トップページ | 自宅トリミング »

爪きりとランチ

年末のある日に筋肉痛になった。
普段やらないお掃除を前日に一生懸命やったせいね・・・っと思ったけど、よく考えたら筋肉痛は左手。筋肉痛になるはずがない。
そして前々日にジルの爪切りをやったことを思い出した。
爪切り嫌いの中型犬♂を左腕だけで保定するのはホントに大変だ。
筋肉痛が中一日あけて出たのにも驚いたが、筋肉がパンパンになるほど爪きりにエネルギーを消費していたことに驚いた。
そんなにまでしてがんばったが、血管ぎりぎりまで切ることはできず、狼爪は全く切らせてもらえなかった(T_T)。

今日はポプリママにお願いして、爪切りに行った。
ジルはポプリママがどの道具を持ってるのかずーっとチェックしてる(笑)。
持ってる道具によって態度が違う。
「爪切りですか?ヤスリですか?あぁコームですね!それならOKです。」ってな感じ^m^。
爪切りの時はオヤツで釣りつつ騙し騙し・・・。
そしてこれまた苦手な足回りのカットもやってもらった。
さすがプロなので綺麗にしてもらえて嬉しかった。
その後マンマにランチに行った。

マンマに行くのは数ヶ月ぶりだった。
カルボナーラを食べた。美味しかった~♪

途中、ワンコ連れのご夫婦が入ってきた。
ボロネーズ・・・じゃなくてそんな感じの名前(忘れた)の初めて見る犬種だった。
8ヶ月のパピーちゃん♪ 真っ白でとっても可愛かった~。
お留守番が苦手ってことで、YOUさんに相談してた。
それはそれは優しそうなご夫婦だ。

うちの子たちってどうだったっけな?って分析しつつ、聞いてた。
今でこそ いろいろ勉強して「犬の習性」を理解してるが、当時は右も左もわからなかった。 が、その割にはお留守番に関しては特に苦労せず・・・だったから。

ウチの場合 パパりんは気が向いたときしかワンコに接しないし、私もかなりワガママに接してた。
どんなに寂しがろうとも、容赦なく置いて出かけてたもんね。
それが知らず知らず良い効果を生んだようだ。
もちろんパピーのときは3時間以上はお留守番させなかったけど。
それと、当時は自営のようなことをしていたので 家に居ても忙しい時はかまってあげられなかったし。

多分 今日のご夫婦は人間の赤ちゃんを育てるように慈しみ愛情たっぷりに育ててるんだろうな。
人間の赤ちゃんのママ&パパだとしたら、すごく優秀なご夫婦だろうな~って印象だったもの。

  ~(注)↑のワガママな接し方で人間の赤ちゃんに接したら虐待だからね!!~

YOUさんのアドバイスを聞く姿勢も夫婦そろって真剣そのものだった。
昔の自分を思い出す(^^ゞ。
パピーちゃんもまだ8ヶ月 これからいくらでも修正がきく月例なのでアドバイスが聞けてラッキーだったね♪

きちんと勉強・研究してる人は別として、ある程度ワガママな人の方が案外ワンコを育てるのが上手いのかもしれないって思ったり^m^。

|

« 冬なのに指の股が・・・ | トップページ | 自宅トリミング »

「ペット」カテゴリの記事

「犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73615/2513724

この記事へのトラックバック一覧です: 爪きりとランチ:

« 冬なのに指の股が・・・ | トップページ | 自宅トリミング »