« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

ゆずくんとデート♪

お天気も最高!絶好のお出かけ日和~♪
小田原に住むゆずママ(ゆずくん)とランチに行くのだ!
夏以来、すっかり出不精になってしまった私とジルビー。。。(^▽^;)
久々のランチを楽しみにしていた。

2005_11_24_002

ゆずママは電車で我が家の近所まで来るってことで、ジルを連れて遊歩道@お散歩コースまでお出迎え(^O^)
ジルはゆずママが大好きなのだ(*^m^*)

そして遊歩道でゆず君とツーショット♪ 

その後、我が家までお散歩しながら歩いて、私はジルとルビーを取り替えて(笑)、ルビーを連れて車で本日のランチ@餉餉へp( ̄ー ̄\)☆ミLetsGo!

その後、置いてけぼりになったジルは1時間くらい遠吠えしてたらしい・・・(・_・;
お留守番で鳴くことなんて全くないのに。置いてかれたことがよほどショックだったんだろう。
ご、ごめんよ~~~。おかぁちゃんはゆっくりバイキングが食べたかったんだいっヾ(≧▽≦)ノ 

いつものことですが、和食のバイキングはとっても美味で、おしゃべりにも花が咲き(≧m≦)ぷっ!
ランチの間、2ワンはとってもおりこうで、お椅子の下でマッタリしてました(*^^*)。 2005_11_24_003

ランチの後は駒沢公園のドッグランでしょ~。
・・・って、2ワンコとも走らないんですけどぉ~(^▽^;)

お行儀良すぎっ!(* ̄m ̄)プッ

仕方がないので、ドッグランの周りの紅葉を眺めつつ、銀杏並木などを歩き、気温も下がってきたので帰途につきました。

2005_11_24_013

帰りの車の中で次回の予定を話し合ったのは言うまでもありません(笑)

ゆずママ&ゆず君♪どうもありがと~ねっ!!

| | コメント (0)

ジル モデルさんになる!

お友達@半蔵ママからのお声かけでなんとまたまたモデルさんをやることに!
今回は雑誌じゃなくて「本」だじょー(○゜ε^○)v ィェィ♪
前回首輪モデルをやった時の苦い思い出がよぎり
期待と不安・・・じゃなくてひたすら不安を抱えつつ、いざ出陣!!

今回はのりちゃん(ロビン)とグランママ(グラン)も一緒だじょ~。
してして 浅草の某スタジオへ。

半蔵さんはもう来ていて、程なくしてぷんちゃん弁慶君@京都組が到着。

しょっぱな 飼い主さんとのいろんなシーンの撮影。
「では、じゃれながら噛み付くっ言うのをやってください」って・・・(-_-;) いきなり演技とは!

って言うか、ビビリ犬健在!!

ストロボの音に「ボ、ボク、帰りますぅぅうう」って せっかく来たのに帰るなーーーっ!!
ジルさん またですか・・(ノ_-;) 
予想していたとは言え、相変わらずの肝っ玉の小ささに呆れます。
オヤツに目もくれないほどビビるってどうなのよ??

その後いろんなシーンを撮るも、ジルはひたすら逃げ腰(* ̄m ̄)プッ。お散歩シーンとか、お目目のお手入れとかいろいろあったじょ(・∀・)。

ちなみに肝っ玉小さいコンビのロビたんも「帰りたい光線」を出しておりました。
その後にグラン君にも伝染?。。゛(ノ;▼▼)ノ
飼い主以外方が効き目があるだろうってことで登場したσ(・_・)。
ドスを効かせた私の罵声が飛んだことはナイショにしておきましょう。

「スワレー!マテーーッ!!うりゃぁぁぁぁあー!」

関西組の2ワンはとても良い子で飼い主さんも余裕~♪
大汗かいてる大爆笑関東組とは偉い違いじゃ・・・(^▽^;)

半蔵様はと言うと、堂に入ったもので さすがステキ!!
関東の星!!
・・・( ̄  ̄;) うーん モデルってこーゆーものよねぇ??(笑)

とは言え、た~~~くさんの写真を撮っていただいたので、たくさん載せてもらえるはずぅ?
ジタバタしてたので、全部ブレブレ??ってウワサもありますが(^^;。

本の発売は12/13頃 タイトルは「たのしいアメリカンコッカーライフ」・・・だったような。。。
教科書くらいのサイズで 多分しつけ本とかのコーナーに並ぶので立ち読みしてみてねっ♪

みんなコスプレしててちょーかわゆいの(*・・*)ポッ
ジル、フリフリの秋葉系メイドカフェスタイルとお祭りとクリスマスで載ってるはず( ̄m ̄* )ムフッ♪
すべてに「ちゃんと撮れてれば・・・」って注釈が付くのは言うまでもないことですが\(;゜∇゜)/☆

丸1日がかりでジルもお友達ワンコさん達も大変だったと思うけど、なかなか会えないお友達に逢えたし、出待ちの間はプチオフ会状態だったし(スタッフさんはお仕事してるのでヒソヒソ話(笑))、なにしろたくさんのビューティコッカーちゃんに囲まれて幸せな1日でした。

半蔵ママ、準備・セッティングなどなど本当にお疲れ様でした。
ミーハーな私を忘れず誘ってくれてホントに嬉しかったよぉ~。
どうもありがとうねっ♪ 

| | コメント (0)

セカンドオピニオンのススメ

さてさて、パパりんは先月の28日に無事九州に旅立っていきました。
久留米の中では一番栄えてる場所に住居を構えたので、買い物など生活することを考えれば、横浜の自宅より便利なのだとか・・・。
食べ物も美味しいものがたくさんあるので最初は感動しておりましたが、どんなに美味しいものでも やはり慣れない味を毎日・・っと言うのは飽きるらしく。。。夕飯を独りで食べるのはなんとも侘しいとこぼしておりました(-_-;)。がんばれーー!

で、本題のセカンドオピニオンの話ですが。
実は わたしジルママは夏に太腿の外側に硬くなっているものを発見し、某有名大学病院に行きました。
検査の結果、そこでの診断は『皮下腫瘍』。
ビビる私に 医師はあっさりと「いずれにしても手術ですね。全身麻酔なので4日間の入院です」とおっしゃいました。
いずれにしても・・というのは良性でも悪性でもって意味で、最悪のことを想像して非常にブルーになりました。
それに4日も入院だなんて!!ジルビーのことを考えてますます落ち込みました。

同時進行で他の大病院に行ってみました。
数回通った後の検査結果は『腫瘍は無い!』。
ホッとしたと同時に「・・・・・・」っという感じです。
要するに皮膚表面に脂肪らしき塊があるだけで(切ってみないと成分はわからない) このまま放っておいて大丈夫との診断でした。

もし、あのまま大学病院に行き続けていたら しなくていい全身麻酔をされ、切らなくてもいい太腿を切られていたことでしょう。
脂肪腫でも腫瘍って呼ぶことはあるし誤診ではないけれど、処置方法って診立てによって随分違うものです。
ミニスカートは履かないけど、外側だしよく見えるところだし温泉に行ったときとか目立つよね~。
ああ 良かった♪_( -"-)_セーフ! です(笑)。
セカンドオピニオンの重要性を痛感した出来事でした。

この件で、思い出したことがあります。

ジルが我が家に来て間もない頃、全身を異常に痒がるので、近所の獣医さんに診てもらいました。
診断は『脂漏症』。
1ヶ月治療に通いましたが、毛が抜け落ち、フケは日毎に酷くなり。。。。
知り合いに勧められて別の病院にかかったところ、診断はなんと『疥癬ダニ』。
誤診だったのです。「コッカー=脂漏症」という思い込みがあったのかもしれません。
脂漏症の薬で治るわけありません!!
後からわかったことですが 生家からダニも一緒に連れてきちゃったらしく、ジルの母犬・兄弟、いっせいに疥癬ダニでした。
その後 ジルの実家に勧められた病院にかかり、2週間ほどで完治。

脂漏症の治療に通ったあの1ヶ月ってなんだったんだろう??002
そのとき 1ヶ月もの間、猛烈な痒みに苦しんだジルを思って、涙しました。

何もかもが初めてだったあの頃、一人の獣医師の言葉を信じきって 大切な我が子を辛い目に合わせてしまった。こんなに小さな身体で苦しみと戦わせてしまった。

今では「???」って思うことがあったら、速攻別のお医者様に診ていただくことにしています。

| | コメント (4)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »