« ジルのトリミング@プロ | トップページ | ジルその後 »

出血性大腸炎

朝起きて、一番最初に目にしたのは一面にウンPが広がったジルのケージでした。
大げさでなく足の踏み場も無いほど一面に・・・
夢か??!と思うようなひどい有り様でした。
不思議なことにこれだけひどい状態なのにあまり臭くありません。
それともショックのあまり私の嗅覚が壊れたのか?!(-_-;)

思えば昨夜、尋常でないジルのヒンヒン言う声に駆けつけてみるとケージの中でウンPをしちゃっていました。
ジルは決してケージの中で用を足さない子です。
ウンP=汚いもの・・・と言う認識があって、ベランダで用を足しても自分がした後のウンPから逃げるように戻ってきます。
それがケージの中で。。。きっと間に合わなかったのでしょう。下痢もしていないし、たいして気にも留めていなかったのですが、そのときお腹の調子が悪いと気づくべきでした。

ケージのウンPはすごい量で4回分くらいはあったでしょうか。
夜中に何度ももよおしてしてしまったのだと思います。
お腹が壊れていく経過がわかるように、やや固まりからユルユルのまでさまざま・・・w。
ティッシュやタオルで何とかなる量ではなかったので、とりあえずウンPまみれのジルを浴室に入れて、ケージをベランダに出して掃除(ジャージャー洗っただけ)。
そしてジルの下半分を洗いました。
今日は出勤日だったので会社に「遅れます」の連絡を入れて、ジルをざっと(念入りにドライするほど体力が無いかもしれないので)乾かしたら、今度は真っ赤な液状のウンP。
(・o+) アチャー こりゃ大腸炎だわ。
そうこうしてるうちにまたウンP・・・こんどは赤い液体だけ(ほとんど血液)。
マズイ!かなりひどそうだ。会社に行くのを断念してまた電話。

それからジルを連れてKOKOさんの病院へ。
吐いたりしていないので誤飲ではなく大腸炎だと。
注射をしてもらってお薬を処方してもらいました。

肝が小さく神経が壊れやすいジルのこと。原因はストレスか?
我が家にルビーを迎えてしばらくの頃、同じような症状になりました(ここまでひどくはなかったけど)。
そのときはストレスで、お医者様に聞いたのですが、ストレス性の炎症はは胃から始まって小腸大腸と悪くなるそうです。従って大腸炎になった場合はその3日~1週間前に大きなストレスがあったのではないかってことです。
だとしたら今回は金曜日のトリミングだと思われます。
初めての店に私と離れて5時間半。すごく丁寧にやってくれた分、ジルにとって負担が大きすぎたのか?
やっぱりシャンプーは自宅でやれば良かった。洗面所が暑くても大腸炎にはならないもんね(_ _。)・・・シュン
ジルごめんね(泣) 
2006_07_31_007
注射のせいもあるんだろうけどグッタリしています。

|

« ジルのトリミング@プロ | トップページ | ジルその後 »

「犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジルのトリミング@プロ | トップページ | ジルその後 »